「私が花嫁なら彼女を追い出す!」ケンダル・ジェンナーの「セクシーすぎる」ドレス批判がヒートアップ

昨年、友達の結婚式レセプションで着用したセクシーすぎるドレスが批判を呼んでいたケンダル・ジェンナー(26)。再びこのドレスに批判が集まり、ケンダル自身が経緯について説明をしている。

友人のウェディング・パーティにて、大胆なカッティングのドレスを着用し批判を浴びていたケンダル・ジェンナー(26)。批判が再燃したことを受けて、ついに本人が反論した。

2021年11月に結婚した、ファッションブロガーでインフルエンサーのローレン・ペレズ(30)。ケンダルの友人として知られる彼女が1月1日(現地時間)、「2021年で最も素敵だった夜」と添えてウェディング・パーティの写真を投稿した。

複数枚の写真の中には、大胆なカッティングのドレスをまとったケンダルの姿も。するとコメント欄には、「結婚式には不適切」「無礼すぎる」「恥だ」といった批判が続々と寄せられる事態に。

花嫁のローレンは批判に対して、「彼女はとっても輝いていたし、私は大好き!」とケンダルの服装が嫌でなかったどころか、好感を持ったと反論。これまで口を閉ざしていたケンダルも加わり、「もちろん事前にローレンから許可をもらってた」と批判を一蹴した。

批判の的となったケンダルのドレスは、レバノン出身のデザイナーが手がけるブランド、モノ(Monot)。胸やお腹などの大部分が露出するため「結婚式に着ていくにはセクシー過ぎる」と、式が執り行われた直後にも批判が殺到していた。

「自分が花嫁だったらケンダルを結婚式から追い出す」といったコメントも寄せられ当時も大々的に報じられたが、今回ローレンが写真を再投稿したことで、またもヒートアップ。

これまでもセクシー過ぎるドレス姿をたびたび披露し、世界をざわつかせてきたケンダル。なかでも話題を呼んだ1着は、2017年のメットガラで着用したシースルードレス。露出度の高さもさることながら、Tバックのショーツまでも露わにした大胆な着こなしが会場の視線をさらった。

また、2021年のメットガラでは、ラインストーンやクリスタルが散りばめられたシースルーのジバンシィのカスタムドレスで登場。トップモデルらしい美ボディで、「ほぼ裸」なネイキッドドレスを見事に着こなした。

ちなみにローレンの挙式ではブライズメイド(付き添い役)も務めたケンダル。その際は、他の付き添い役と同じブルーのドレスを着用。さらにローレン&ケンダルの反論を受けて、「ローレンが気にしていないのなら、他人が批判する権利はない」とケンダルを擁護する声も多数寄せられている。

【関連記事】:https://connifashion7.amamin.jp/

「「私が花嫁なら彼女を追い出す!」ケンダル・ジェンナーの「セクシーすぎる」ドレス批判がヒートアップ」への0件のフィードバック

  1. ロレックスのデイトナには紹介の必要はないでしょう。何しろ入手困難なスティール製ロレックスの元祖ですからね。同氏が購入したわけではないが、お気に入りの一本で、所有している他のどの時計よりも身につけている。

  2. 2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です